読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

懐かしリーズ vol.466

しなの鉄道169系。

元々EF63と協調運転で碓氷峠を制覇、

ココ旧信越本線を走るために生まれながら、

その本来の急行列車の相次ぐ特急化により、

早くに信越本線を離れて中央東線急行や長野県内快速に細々?活躍していた。

1997年、長野(北陸)新幹線開業による信越本線3セク化で「しなの鉄道」が発足、

JR時代は189系で運転していた通勤ライナー等への使用を目論み、

快速向けに転換クロスシート化されていた169系が、

メインの115系とともにJRからしなの鉄道へ移籍して

「故郷」で再びの活躍をした。

最後は湘南色にリバイバ2012ルなどしたが、

後に導入されたATSーPは、車令の関係からか

搭載することなく、追加転籍された115系に統一

される形で引退となった。

かつては、湘南色12連で駆け抜けた浅間山の麓を

軽快な(淋しい?)3連で静かに・・。

信濃追分〜御代田