読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「今日のパトロ〜ル」〜路上喫煙禁止!〜

3月末以来二度目になる小田急相模原地域の放置自転車監視員を務めて来た。

前回は内川さんと気が合って愉しい現場だったんだけど、内川さんは体調を崩されて退職してしまったのだそうだ。

中林さん(仮名)、以前は機械の設置メーカーに長年勤めていらしたのだそうだ。

話しをしていると、オレが勤めていた会社も知っていて「大きな電材屋さんにいたんだ!」。

電材屋という言葉が出るというのは、同じ業界で生きた証なのかもしれない。

「ネグロスなんかはヨク使ったんだよ」

グロス電工、各種工事部材のメーカーで、ケーブルラック(電線を這わせるラック)などは在庫もしてたし(してましたよね?しもさん?)、当時は女性社長だったのだが、社名の由来は女性社長のご主人が戦死されたフィリピンネグロス島から命名されたと聞いた。

石川島播磨重工業じゃあ、インシュロックはネグロス製を使うことと指定されていたんだ」

インシュロック(樹脂製結束バンド)など、あらゆるメーカーから発売されているが、「IHIではネグロス以外は不採用だった」。

お互いに今では過去の中に埋まってしまった名前が出て来て話が弾んだ。

そこに、この地域のリーダー波沢さん(仮名)もやって来た。

「チョッと、見せてくれる」波沢リーダーはオレのネームプレートに目をやり「ホントだあ!ホントにカニさんなんだあ!」

波沢リーダーは、カニの買付を長年担当していて、シベリアまでケガニ、タラバガニ、ズワイガニなどの買付に出向いていたのだそうだ。

「いやあ〜、カニさん、きっと縁があるんだよ!」

今回の二人とも初対面だったのだが、なんで出会うヒトみんな気が合うんだろう?

5月からデッカイ黄色のタスキをしなくちゃならない。

カッコ悪いなぁ〜とは思ったけど、すぐに気にならなくなった。

何でだろうって考えたら、タスキ姿の自分が見えないからだと気づいちゃった。

しかも、放置自転車監視員業務だけではなく、5月から「路上喫煙禁止」業務も加わってしまった。

木本管制から「カニさん、路上喫煙を注意したことある?」って訊かれたから「注意されたことならあります」って応えたら「オレも」だって。

とにかく自分の近くを通りかっかった喫煙者には注意をしなくてはならない。

揉め事が発生する可能性が高い業務だから、「ココをどこだと思っておる!たわけが!」などと注意を与えるのは禁物である。

出来る限りへりくだり、慇懃な態度が望ましい。

ところが、驚くほど歩きタバコのヤツなんていない。

チョッと前までは石原裕次郎だって高倉健だって咥えタバコだったのに。

あ!あいつ!タ、タバコを取り出したぞ!

あ!火を着けやがったぞ!

あ!コッチ来るじゃないか!

ど、どうしよう!

ウェーブの長髪に白シャツ、クロの崩れたスーツ。

田舎のホストクラブか!?

「申し訳ありません、ココは路上禁煙地域なんですよ」

緊が張してしまっている。

「あ!すいません!うっかりしていました!」

田舎ホストは慌てて靴ウラで火を消そうとする。

「あ!もったいない!コレから気を付けてくれればあ」

田舎ホスト、大笑いしやんの。この業務はオレに向いてないな。

16時。早出だった中林さん業務終了。

「コレ持って帰って」波沢さんとオレに南部せんべいの詰め合わせ。

「オレももらいもんなんだ、遠慮しないで食べて、賞味期限今日だから」

ラストパトロールに出た。

100円コンビニの前に自転車が放置されている。

コンビニ客の自転車かもしれない。しばらく時間を置いてからじゃないと違反マークも着けられないと思い悩んでいると、店からオバチャンが出てきた。

「これ奥さんの自転車?」そうならひと言「駐輪場使ってね」でおしまいなんだけど。

「うぅん、アタシんじゃないよ、あんた警察官?」

「違うよ、ザ・ガードマン」

「ああ、それで勝手に置いてある自転車取り締まってんのかい?」

「うん、そんなところだ」

「まったくこんな歩道に自転車ほっぽらかして邪魔だよねえ!持ってちゃいなよ」

その自転車はもう相当走行距離を稼いだオンボロ。

「大学病院のシールが3枚も貼ってあるよ」オバチャンが後輪フェンダーに貼られた大学病院のシールを見付ける。

「大学病院のセンセイの自転車かな?」

「いや、大学病院のセンセイなら、クルマに乗ってるんじゃないか」

「それもそうだね!」オバチャン大笑い。

18時。波沢さんとオレも業務終了。

そういえば今日は加山さんは休みだったようだ。

「加山さんってスゴイですよね、芸大卒でパリに20年間留学して、フランス語じゃなくて英語の研究家なんでしょ?」

「そう言ってるんだけどさぁ、大きな名刺にはナントカ博士って書いてあるんだ」

波沢さんは苦笑を浮かべて「その名刺をバス待ってる人にまで配っちゃうんだよ」

しかも「彼はクレームメーカーでさ、ヤクザに追われて交番に逃込んだのが二度もあるんだ」

ヤクザの自転車を駐輪禁止場所に動かして違反シールを付けたらしい。

ようやく本日の業務終了。

アタマは今夜の夕飯でもういっぱいなんだけど、冷凍してあるカレーでいいや。

そうだそうだ、会社に下番報告を入れなきゃ。

出たのはやっぱり木本管制。

初めから笑いっぱなしの電話だったんだけど、「明日はどこに行けばいいの?」明日は仕事の予定なんだけど、行き先が決まってない。

「明日はあ〜、保留!」「保留!?じゃあ休みだね?」

「そういう言われ方をすると気分を害しちゃうなあ〜、保留!」

「突然、どっか現場出ろって言われてもダメだかんね!」

「あ、それと明後日の田園調布、先方の都合で中止!」

あ そう?気は楽になったけど、これじゃあ今月稼ぎにならないんじゃないか。

ま、一週間遅れのGWだ。