読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

連休中

連休のノルマ、本と洋服を整理or仕分けする

これについては、ようふく はいらないものはほぼ捨てることに、幸いにも柄が今の状況にあわないものが多く、無駄なものはかっていないなと改めて感心。気が付くに夏のほうが下着、上着ともにたくさんいるということ。使えなくなるのも早いし。まあスラックスなどはおもいのほかたくさんあったので、今年の夏は下着とシャツ、チュニックの類をたせばよい。そのさなかユニクロのオンライン会員なので、下着を少し注文する。少し安い。

本は雑誌などは捨てるものは捨てて、ブックオフ用にダンボールを組み立ててそこにいれていくが。まだ半分くらいしかチェックが進んでいない。

ピアノは家の楽譜を見渡して、これならひけそうとおもうものを、手帳に書いていく。年内の音楽会は弾く曲がきまっているし。

ショパンノバラード1番わりとすらすらひけるし、まあ何とかなるというところまではきた。

バラードがおわったあと、リストの森のささやきと、グリーグのホルベア組曲のプレリュードを練習しはじめる。森のささやきは40年以上前にひいたけれど、そのときより、音がきれいになったみたい。ホルベアははじめてだけれど、北欧の景色が目に浮かんでくるよう。風のような感じ。これからひきこんで、北欧の風景がつたわるようだといいな。

またショパンノクターン集が(バデルフスキー版)目についたので、弾いてみる。

op9-1,2,3、Op15-2 op32-1,2、遺作はしたことがある。

次回病院で弾くときには、よくリクエストされるop9-2をいれることが決まっている。

上記を弾いてみると、ショパンのバラードできめこまかい指導をうけているせいか以前よりなめらかに。弾ける気がする。今まで7曲しているし、これを復習しない手はない。宝のもちぐされにもなりかねない。ちょっと弾いてといわれたときにいいし。

それとop15-1 4番が気にかかるので、弾いてみた。こまかいことはわからないが、一応なんとか形がつきそう。先生にご指導を仰ごうかな。レパートリーとしてもっておくのもいいし。

ピアノに関しては上達はしなかったけれど、弾ける楽しみは再確認できた。

私以外のこととしては、乗用車がつっこんだという大分の中村病院。前大分にすんでいたとき、その前のバス停でバスにのって、山のほうのピアノ教室で教えていた。その中村病院、すんでいるときは、すぐにでも夜間にでも必要なら手術をし評判がよく大きな病院だった。

また息子が、京都付近に行き、母方の祖父母がかって眠っていた、宇治のちかくのお墓の近く付近をとおったというので(現在は神戸住吉の実家近くの墓地に移動)なつかしかった。写真は息子が名古屋でお土産に買ってきたもの、餡とココアがまざっており、はじめてだけれど、わりとおいしかった。

そのめずらしいものは、代官山のデンマーク大使館に早くつきすぎたので、近くでとったのである、