読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4/27 タワーレコード錦糸町店 → 渋谷HMV&BOOKS TOKYO

木曜日、錦糸町から渋谷へ現場回し。

たまたま都内での仕事からの直帰だったので、20時から渋谷で行われるGANG PARADEのインストア行けるなあ等と考えつつ、そういや錦糸町で店頭受取にしているCDを回収せねばとタワレコ錦糸町店へ。すると、18時半から天晴れ!原宿というグループが1stシングル「この先へ!カラフルミラクルディスカバリー」の発売記念イベントを行うとな。ほう。全然知らん。でもギャンパレ余裕で回せるし折角だから見ていくかと暫し居残ることに。

18時半、ミニライブスタート。ステージに上がったのは5人で、1人お休みだったらしい。天晴れ!原宿はパステルカラーの衣装に身を包んだキャンディ系のグループかな。てか、5本中2本くらい調子の悪いワイヤレスマイクがあって歌声が途切れ途切れだったりで、ちょっとあれはいただけなかったな。事前にチェックしてれば防げたはずだし、ああいうトラブルはちょっとお粗末。歌と踊りに集中出来なければ彼女達も可哀想。まあ、そんなこともありつつ、4曲20分強のステージ。1stシングルを今週リリース、週末からは初の東名阪ツアーを行うのだとか。ほほう。てか、ファイナルがO-EASTと聞いてビビったんだけど、調べてみたらチケ代は普通に二千円。この日も開始が早かったとはいえ、最終的に50人もいなかった気がするから器の大きさと集客力に釣り合いが取れていないような杞憂を抱いてしまうのだが。しかも集まっているオタクが少数精鋭でも熱量高ければまだ分かるんだけど、ぶっちゃけ熱量は低くてやや盛り上がりに欠けていたのも残念。決して彼女達のパフォーマンスが悪かったわけでもないが、逆にこれとい\xA4

辰織ぅ鵐僖唫箸眛佑㍑瓦韻燭發里睫気ǂ辰燭ǂ癲◀泙⊇堯考招廚覆Ďは辰ʔ⦿埜紊魯Ą璽妊↗┘鵐垢鯒悗縫札襯\xAB棒で集合写真。どこにアップされてるのかと探したら公式Twitterに発見。真ん中あたりがエアポケットになってるの何故(苦笑)。特典会は19時半終了とアナウンス。この後にダブルヘッダーでイベントライブへの出演があるのだとか。なかなか大変やねえ。グループもオタクも。ともあれ、レギュレーションが低ければワンチャンとも考えたけど、そうでもなかったのでそそくさと現場離脱して渋谷へと移動。

そんな移動中、19時からタワレコ渋谷でBILLIE IDLEのインストアがあったことに気付く。そっちに行った方が良かったかなと思いつつ、渋谷駅を出てスクランブル交差点を渡ると・・・UNDERGROOVELANDがストリートギグしてるじゃん!彼らから微妙な距離感を保って半円状に囲むオーディエンスの輪、明らかに本厚木の時より多いのは当然としても、層になって数十人が囲んでいる光景はなかなかに壮観。でも5歩くらい引いて見守っているのが日本人特有の奥ゆかしさなのか、あるいはただのガイジンコンプレックスなのか。普通に格好好い音だし激シブだし本格派だから気圧されてしまったのかも。曲が終わったところで気付いてくれたメンバーとやあやあと挨拶。次の曲も凄く良いムードで進行していた刹那、婦人警官がやってきて演奏の中止を指示。メンバーは「仕方ない」と割り切りつつも残念そうな表情。と、同時に取り囲んでいたオーディエンスからも落胆の声がちらほら。四散していく観衆の中で、いかにもチャラい格好した若い子が「すげー良かったからまた見たいんすけど、ライブは明日しかないんすか?」としきりに残念がっていたのも感慨。音

楽がいとも簡単に国も性別も世代も超えることを感じて嬉しくなった瞬間。メンバーに「また明日」と再会を約束して、いそいそとMODIへと向かう。ファーストサマー・ウイカ様にも拝顔したかったけど、もしもBILLIE IDLEに行ってたらUNDERGROOVELANDに出会わなかったはずだから、結果オーライ。

で、HMV&BOOKS TOKYOの7Fに着いたのは20時近く。エレベータをおりてやけに若い女性が多いと思ったら、超特急のコンセプトカフェ開催中だった。まあ、そうだな(笑)。反対側のイベントスペースからは既にライブの音。リハーサルと称して“Sugar”をフルで披露。これだけでもお得感。7人が一旦楽屋に戻り、呼吸を整えたところで出囃子がヒットしてGANG PARADEのインストアライブ開始。前半の3曲目にニューシングルのカップリング曲“Close your eyes”が始まる。まだ未聴だったので初体験だったのだが、しっとりとした始まりからバラードなのかと思えばサビではグッと盛り上がるしなかなかエモーショナルなナンバーで、確かに新境地かなと前評判に納得。ちょっと今までに無いタイプだけど、違和感よりも奥行きが増したとの印象が勝る。7人の表現力が日増しに高まっていることも好循環しているのだろう。MCを挟んでの後半戦は4曲。リハも含めたら8曲というのはお得感が半端ない。動画を含めて撮影OKにしている現場も珍しいし、出し惜しみのなさをひしひしと感じる。問答無用のキラ

ーチューン“Plastic 2 mercy”の熱狂は言うに及ばず、“FOUL”の間奏で「Body and seven soul」とヲタクが繰り返し大合唱するとことかも熱いし高まる。

<GANG PARADE>

Happy Lucky Kirakira Lucky / fly away / Close your eyes / dont forget me not / pretty pretty good / Plastic 2 mercy / FOUL

握手でポスターを1枚貰えるということだったので、特典券は1枚だけ確保。しかし発売後のインストアイベントなのにクレカ使えないのは世知辛い。そんなこんなで特典会を待っていると「あの、もしかしてかばらの方ですよね?」と声かけられて誰かと思えば、元RISE ABOVEの方だそうで。えっと、ごめん名前も顔も覚えてなくて申し訳ない(苦笑)。今はあっち方面は滅多にいかずにアイドル現場ばかりに足を運んでいるとか。特にギャンパレ。おおそうなんだ、今度BiSHにも来てよ、なんてヲタトークに花を咲かせる。で、握手会。5月からBiSへの期間限定トレードが決まっているサキちゃんが最初。「30日のワンマンは行けなくなっちゃったけど5月30日のBiSは行くよ」と伝えるとうんうん頷きながら「またお話しようね」と笑顔。ココちゃんはスーツ姿のアンバランスが面白かったようで「絶対にサラリーマンじゃないでしょ!」と突っ込みつつ「何やってる人?」と訊かれたので「秘密!」とはぐらかしてみた(笑)。ミキちゃんは「おう、久し振り!なんか雰囲気違うね!」とやっぱりそういう流れになる。ドクち\xA4

磴鵑砲麓\xAB分から「サラリーマンに見えないでしょ?」と振って話のネタ作り。マイカちゃんは話題を変えて「Close youe eyes 初めて聴いたよ」「どうだった?」「今までにない感じだけどよかったよ」的な話。ユウカちゃんには「もう1か月経っちゃったけど合宿おつかれさま」と伝える。最後の方になってやたらと剥がしが早くなって最後のユアちゃんはかなり慌しく「サイドの刈り上げいいね」などと伝えておしまい。で、ポスターを受け取る。チャンプロードをオマージュした新譜のポスターはなかなか面白い。そのままいそいそと帰宅の途に就く。22時半過ぎに自宅着。小雨がぱらついてきてポスター危なかった。