読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

★ マーキュリー・ライジング ☆

BS放映の『マーキュリー・ライジング』1998年製作です。

主演はブルース・ウィルス

トーリー

 FBIのオトリ捜査官アート・ジェフリーズ(ブルース・ウィルス)は、エドガー率いる銀行強盗団の説得を試みていた。

強盗団の中にはエドガーの2人の息子も含まれている。まだ少年である彼らの命を救うためにも、なんとか警察に投降させようとするエドガーの説得を続けるアート。

 しんしあと一歩で説得できるというところで、アートの指示を無視して警官隊が一斉に突入し強盗団を射殺してしまう。

アートは突撃命令を出した特別捜査官ハートリーに殴りかかり、そのことでオトリ捜査の仕事から外されてしまった。

 9才の少年サイモン・リンチは自閉症で、普通の人間よりも感覚が異常に優れていた。ある日、彼はパズル雑誌に掲載されていた難解な問題を瞬時に解読し、導き出された番号に電話を掛ける。

しかしそれは単なるパズルの問題ではなかった。

 それは“マーキュリー”と呼ばれる暗号コードで、アメリカの情報員を守るためにNSA(国家安全保障局)が開発した国家機密だった。

その安全性を確認するため、開発メンバーのディーン・クランデルとレオ・ペドランスキーがパズル雑誌に掲載したものだったのだ。

マーキュリー開発の責任者であるニコラス・クドロー大佐は機密保持のためにサイモン暗殺を計画。

 元特殊部隊のピーター・バレルを使い、サイモンの自宅を襲わせる。

バレルはサイモンの両親を殺害するが、サイモンは姿を隠していたために助かった。

盗聴の任務に就いていたアートに、サイモンを捜索しろという新しい任務が下された。自室に隠れていたサイモンを発見したアートは彼を入院させ、そこでサイモンが自閉症だと知る。

 病院にもバレルがやって来るが、アートが間一髪でサイモンを救い出した。

なぜサイモンが命を狙われるのかも分からないまま、彼を連れて逃亡するアート。

しかし、アートにはサイモンを守ってやりたいという強い気持ちがあった。

クドローの策略によって犯罪者に仕立て上げられながらも、アートは真相の究明とサイモンの保護のために奔走する…。

 国家の安全保障を最大目的に非情な活動をするNSAと、凶悪重大犯罪捜査を目的とするFBIの対決さらには独自捜査を進める市警察の三者の対立とせめぎ合いが見どころです。