読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

政治について考えてみて…。

森友問題から、これまでになく『政治』について考えてみたけど、なんかもう『ゲッソリ…( ;´Д`)』って気持ち。

私には、政策とかよくわからんけど、さすがにアウトやろ?って思うことの連発で、ルール無用の無法地帯で暮らしてたんだと気づいた。

安倍政権もだけど、『維新の会』もよくわかってなくて、これまでは、大阪で教師やってる従姉妹が『橋本はアカンo(`ω´ )o』って言ってても、『そうなん?』ってくらいに聞き流してたんだけど。

全国的には報道されてないかもしれないけど、少し前、夕方テレビつけたらこんなニュースが流れてたこともあった。

大阪維新 徳村さとる府議【恫喝】

https://youtu.be/upRTr8MGx3M

政治家なんか綺麗事だけではやってけないんだろうとは思ってたけど…。

しかも、コレについて松井府知事は、『お詫び行脚』とか言ってるらしいし。

まだこんなヤツと一緒に、仕事する気でいるとは…(~_~;)

『先生と呼ばれるほどのバカで無し』だったかな?

子供らの中学校でのトラブルのたびに頭に浮かんだ川柳。

バカの最高峰が政治家か?…( ̄▽ ̄;)

テレビ欄で見つけて録画してた『時事放談・緊迫 籠池喚問の裏』の石破茂藤井裕久の対談だけは、穏やかな気持ちで観ることができた。

最後の『これだけは言いたい!』では、

石破さんは、

『誰に対して誠実であるべきか』

『勇気と真心を持って真実を語れ』

藤井さんは、

『自分というものをしっかり持ってもらいたい』

『フラフラフラフラして時に応じていろんなことを言うのは良くない。』

『(政治に限らず)あの人はこういうことを常に言っている、そういう人になってもらいたいし、その中で今の問題(森友問題)も処理してもらいたい。』

との言葉。

政治とか政治家とか以前に、『人間としてどうあるべきか』『どういう人なのか』ってことが大事なんだと思う。

これまでみたいに、知らん、わからんで済ませておけないくらい、世の中は悪い方に動いてると思うけど…。

できれば今後は、アカン人ではなく、信頼できる人(信頼できそうな人)を見定めて、『政治』について考えて行きたいと思ってる。