読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迷惑メールの送信元

【贋怪談徒然日記(2490)】

★某月某日

昔、病院の看護士として働いてたんだ。

俺がその病院に勤めた初日の話。

俺さ、霊感あるんだよね。その病院でも見た。

黒い服来た女の子が数人いて、

手をつないで円を作ってぐるぐる回ってんの。

まじガクブルだよ。で、震えてたら

田中さんっていう看護士の先輩が通りかかって、

「ああ、君もしかして見える人?」って言ったんだ。

その田中さんも霊感がある人で、

「あの女の子たちがでると病院で誰かが死ぬんだよ」とか言ってた。

それから田中さんとすごい仲良くなったんだ。

そしてある日、ふたりで夜勤することになって、病院に泊まった。

その日事件が起きたんだ。

見回りをふたりでしててエレベーターに乗ってた時、

急にエレベーターの地下一階のボタンが光った。

誰も押してないのに。

地下一階には霊安室がある。

地下一階について、扉が開いた。

誰もいない。まじで怖かった。

田中さんがいきなり「霊安室いってみない?」といいだした。

ガチで怖かったから「いやですよ…」って震えながら言った。

田中さんは「じゃあひとりで見て来るよ」と言って行っちまった。

それから1分もしてない。田中さんの悲鳴が聞こえた。ぎゃあああって。

俺は「ヤバイ!」と思って霊安室に向かった。

だけど霊安室には誰もいなかった。

ただ、すごい寒気がした。間違いなく「いる」って思った。

子供の笑い声が「ゾゾゾゾゾ」って感じで近づいてくんのよ。

そこでまた「ヤバイ!」って思って急いで助けを呼びに受け付けまで走った。

エレベーターはなんか不気味だから階段を使ったよ。

で、受け付けの人に「助けてください!田中さんといっしょに霊安室行ったら、田中さんがいなくなっちゃって…!とにかく来てください!」って言ったのよ。

そしたら、受け付けの人が

「この病院に田中さんなんて看護士はいませんよ」

おれはずっと人間じゃない者と喋っていたんだ

Tさんからの投稿。

★某月某日

「平素はdocomoをご利用いただきありがとうございます」から始まる迷惑メールの送信元がSoftBankの携帯で、もう少しうまくやればいいのに…と思った。

Nさんからの投稿。

★某月某日

去年の正月の時点で

ベッキーは好感度満点のタレントで

ショーンKは信頼厚いハーフ知識人で

清原は番長と畏れ敬れる暴れん坊で

乙武は生来の障害と戦う聖人君子で

舛添は支持率の高い東京都知事

鳥越はいぶし銀のジャーナリストで

キムタクはイケメンの万能スターで

高畑は波に乗った有望若手俳優だった

Yさんからの投稿。