読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生の岐路

もう少しでこの合格通知が紙切れに

なるところでした。

倍率の非常に高い後期試験に

奇跡とも言える合格を果たしたのです。

手続き締め切り日を目前に控えて

なおも浪人を主張する息子でした。

好きにやらせようと僕は決めていたけれど

内心はやはり進学をして欲しかったです。

しかも案の定、どの友人に相談しても

異口同音に、「バカ〜引っ叩いてでも絶対行かせろ〜!!それが人生の先輩たる親の義務だ!」

との意見が大半でした。

でもこの時、僕以上に

息子は悩み苦しんでいました。

進学を決めるとメソメソ泣くし、

浪人を決めてもメソメソ泣くしで

もうお手上げ状態でした

これが丸2日間続き正直僕も疲弊してました。

この2日間はほとんど眠れませんでした。

しかし転機は突然昨日訪れました。

昨日、お彼岸に行けなかった

妻のお墓参りに行きました。

息子に「ママに相談してみた?」って

尋ねると、こっくり頷きました。

帰りの車中で進学を決めてくれました。

僕&親戚一同大喜びです。

お義母さんなんか、生きてるうちに孫の大学進学を見れて本当に良かったっと大泣き。

僕の母も春休み中に息子だけ広島に

来させなさい!!ってな感じです

で早速明日行くようです。

おいおい

大きな人生の岐路を経験した息子は

きっと成長したことでしょう

誰もが通る道、避けては通れない道ですよね。