読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レイモン・サヴィニャックとジャン=ジャック・サンペ

Bunkamuraで、オーチャードホール開場までしばらく時間つぶしにギャラリーへ。

レイモン・サヴィニャック展開催中でした。

フランスのイラストレーターで、広告ポスターとか描いてた方ですね。

私もそんなに詳しくないけど、絵を見たら「ああ!」って思う感じです。

経歴のパネルに

アメリカの仕事も依頼を受けたけど、

あれを描けだのこれを描くなだのうるさくて自由にできないから、アメリカの仕事は受けなくなったとかあって好感

作風はとっても陽気なユーモアがあるってことで、そんな楽しい作品が並んでいました。

言葉がわからなくても伝わるものもいっぱい。

特に気に入ったのはダンロップのポスターかな。

人がドライブしてるけど、車体が一切なく、描かれているのはタイヤと人だけ。

「ここんとこがダンロップだぜ!ダンロップがドライブの楽しさの多くを担ってるぜ!」って感じが伝わってきました。しかもかわいい。

それから

ベッドマットのスプリングから羊がビヨヨーンと飛び出してるのとか、

毛糸玉に家族三人がくるまれているのとか。

どれもかわいくて、温かみがあって、眺めていて飽きないですね。

それに何しろアイディアが素晴らしい

見習いたいものです。。。

それと、同時に展示されていたのはセムの風刺画と、

それからジャン=ジャック・サンペのイラスト。

ジャン=ジャック・サンペは、名前は知らなかったのですが、イラストを見たら一発でした。

レッドブルです。レッドブルのCMのイラストです。

それが私、、、

レッドブルのイラストはそこまで好きではなかったのですが、

今回展示されていたジャン=ジャック・サンペのイラストは、買いたくなっちゃうくらい好きでした。

(やっぱりあれですかね、、、この受ける印象の違いは、あれ描けとかこれ描くなとかのせいですかね、、、そわそわ)

私が気に入った絵は検索しても出てこなかったけど、

ほかの作品も見てみて思ったのは

私はジャン=ジャック・サンペの、舞台裏とかを描いたコミカルなものだったり、人がいっぱい登場するごちゃっとしつつ、それぞれにいろんなことをしてるような絵が好きってこと。たくさん人がいるけど、みんな話し声が聞こえるかのように生き生き動いているので、すみずみ見たくなります。

舞台裏ってのは、

例えばオーケストラ員が、劇場の裏と思しき人気のない柱にひとりでもたれて、楽器を抱えている絵とか、

バレエの舞台に出る子供たちが、舞台袖でタイミングをはかりつつ整列してる絵とか、

これまたバレエを踊る子供たちだけど、舞台稽古中で、客席に服を脱ぎ散らかして階段を上がり、舞台上では揃いのチュチュを着て整列してる絵とか。

どれもかわいくて、柔かくて、物語が見えるようで好きでした。

レッドブルを見る目も変わるかも!?