読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

-

堂本剛×土屋公平

-------------------------------

https://youtu.be/61ut-DYyft0

これは、残念ながら二番だけ。

僕が生きてるこの街は

不思議を潜め呼吸してる

まだそれに気づかずに生きてんだろうなって

斜め前を歩く少年に大人なふり

夢を手に出来ず捨てた日が

時折胸を打つ

この少年の歩いてく先に

不思議が沢山詰まってますように

嘘にぶたれる

音は好きじゃないや

傷しみるけど

今日もたたかってたいな

愛を見失ってしまう時代だ

誰もが思っているんだ

自分を守り生きてく時代だ

だからこそ僕らが

愛を刻もう

傷ついたりもするんだけど

痛みまでは忘れたくないんだ………

本来歌詞の転載には許可がいるから明日には消すけど、一番の歌詞も知って欲しいからかいてみる

明日、娘が卒業します。

頑張ったねって、沢山の拍手で送り出すつもり。

特にここ2年、きつかっただろうから

クラスで孤立して、いやがらせされて、

一時は人の視線をさえぎるように、前髪を伸ばして

教室に入るのがこわいと、休んだこともあった。

行っても早退してきたり、保健室行きだったり、と

元々体調を崩しやすいことに輪をかけて、病院の紹介で、カウンセリングに通いはじめ

起立性調節障害と診断を受けてからは、治療の為の薬も服用しなきゃいけなくて、その副作用が最初きつくて……

でも、この歌のように娘はたたかってきたし、今もたたかって、明日を迎える

…………クラスメイトや、担任には正直文句をぶちまけたいことがあるけど

苦手だけど、嫌いだと思ったことは一度もないよ。

だから、お母さん、大丈夫

そう言って笑った娘がいるから、胸に納めとこう

四月から、娘は高校生になる

全日制ではなく、単位制の定時の学校だ

単位制の学校だから、単位の取り方にとっては3年又は4年での卒業になる

授業も後半ほとんど受けてないし、体調のこともあるから、ゆっくりやり直すんだ、と

彼女なりに考え選んだ道

どんな人生が待ってるのかな

願わくば、娘が歩いていく道に沢山光がさしているように…………