読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードルの高さと残される反響

粗雑に扱えばあとで大変なことも実感するニュースに差別的に扱えば扱うほどのこれまでにない政権に後での注目される頻度が高くなってダメージもエスカレートする状況につながっていくのも偽ではないニュースによる時代の世相かもしれない

アメリカの大統領のトランプ氏はゴルフでいえば飛ばしすぎで抗議やデモに相次いでいるのも最も安定した後のオバマ氏の方向性と違っては何をやってもやりやすくなっているような状況で混乱する国内分断傾向になり専門家であったショービジネスでのクオリティ性は宝として残せるのも日本でも学ぶ過程で政治家は政治に商売人はビジネスと何もかもできる人とはかけ離れてプロによるところのクオリティの高さが宝として残せるのかも今後並行していくのかもしれない

狐につままれたような税金で使われている額の異常な今回の大統領による国民のために使われることのない理由はもはや独断と偏見ではすまない常識の範囲ではない公の混迷にさらなる問題は国民と政治姿勢の壁となるのかもしれない

*****掛介麻久鍼畏伎伊邪那支大神

*****筑紫乃日向乃橘乃小戸乃阿波岐原雨

*****禊祓閉給比志時雨正里坐世留

*****祓戸乃大神等諸々禍事罪穢

*****有良露牟呼婆祓閉給比清米給閉登中須事手

*****聞食世登恐美母白須

米政府、会見から主要メディア締め出し トランプ氏批判のCNNなど

仏大統領選にオバマ氏を擁立? 100万人の署名目指す

1枚ずつ色の濃淡が違う! 桜の花びらを模したリアルなマスキングテープ

米国民、過半数が大統領よりメディアを信頼

前代未聞の大統領、ここまでメディアと衝突するとは

トランプタワー警備費用27億円、NY市が政府に返還求める

トランプはゴルフしすぎ、すでに税金11億円以上浪費

RE: read now (don’t delete)

From:John Lewis

発信元:dccc.org

To:rinebow611@yahoo.co.jp

2017/2/23, Thu 15:10

I emailed you.

Nancy Pelosi emailed you.

And now I’m emailing again.

It’s because the special election in my home state of Georgia is so important.

I know grassroots Democrats are fired up!

(And the Republicans are terrified because this could be President Trump’s first big loss.)

But we can’t come out on top unless we keep this momentum going.

We still need 2 gifts from 90013 before midnight -- will you pitch in $1 to defeat Republicans in Georgia and around the country?

Chip in $1 immediately

Chip in $35 immediately

Chip in $50 immediately

Chip in $100 immediately

Chip in $250 immediately

Or donate another amount

Thank you,

John Lewis

Los Angeles thanks Obama

From:WE ハート OBAMA (via DCCC)

発信元:dccc.org

To:rinebow611@yahoo.co.jp

2017/2/20, Mon 13:04

MIDNIGHT DEADLINE: Sign President Obama’s card before we send it off

Ahhh, Presidents’ Day.

It’s more than a day off work for many -- it’s a day to celebrate our favorite president…

Which is OBVIOUSLY President Obama!

Youll always be my favorite president. Sign Obamas card here

We miss him SO much (and we think he might miss us a little, too).

That’s why we want to send him a card and wish him a Happy Presidents’ Day!

You only have until midnight to add your name.

Will you sign on now?

BEFORE MIDNIGHT: Make sure your signatures is on Obama’s card

Thanks,

DCCC

J・フォスターさんら反対集会 トランプ政権の移民対策

02月25日

 ジョディ・フォスターさんやマイケル・J・フォックスさんら米国の俳優らが24日、米西部のビバリーヒルズでトランプ政権の移民対策に反対する集会を開いた。例年、アカデミー賞授賞式の直前には記念パーティーをするが、今年は移民排斥反対の集会になった。

 AP通信などによると、企画したのはタレント事務所「ユナイテッド・タレント・エージェンシー」(UTA)で、事務所前に約1200人が集まった。 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズで知られるフォックスさんは「移民を追い出すことは人間の尊厳への攻撃だ」と発言。カナダ生まれの自分が米国籍を取るまでに8年間かかった体験を語った。フォスターさんはこれまで政治活動を避けてきたが、黙っていられなくなったといい、「歴史で唯一の時。闘う時だ」などと訴えた。

 また、イスラム教徒の多い7カ国の国民の入国を一時禁止した米大統領令への抗議で、アカデミー賞授賞式への欠席を表明したイラン人映画監督のアスガー・ファルハディさんもビデオで参加。「政治家たちが宗教や国籍などで憎しみをかき立てていることに、映画界の人々が反対しているのは元気づけられる」などと述べた。

 UTAは、25万ドル(約2800万円)を人権団体「米自由人権協会(ACLU)」などに寄付すると表明している。

 米トランプ政権が、心と体の性別が一致しないトランスジェンダーの生徒らを保護するオバマ前政権時代の通達を撤回したことに抗議する緊急集会が23日、ニューヨークのグリニッチビレッジで開かれた。大勢が集まり、苦悩している若者を守ろうと声を上げた。

 オバマ前政権は昨年、本人が望むトイレや更衣室の使用を認めなければ差別になるとし、公立学校に「心の性に応じて使えるようにすべきだ」と求める通達を出したが、トランプ政権が22日に取り消した。性目的でのトイレなどへの侵入の誘発を警戒し、「連邦政府による州への過剰な介入」などとして通達に反対してきた共和党保守派の意向が影響しているとみられる。

 抗議集会の集合場所は、1969年に警察が家宅捜査に入り、居合わせた性的少数者と衝突したバー「ストーンウォール・イン」前の路上。集会では、マイクを握った先導者の「トランスジェンダーの子どもたち(の権利)が攻撃されている、さあどうする?」との掛け声に、参加者が「立ち上がって抵抗せよ!」と連呼した。

 声を張り上げていた高校生ジョイス・ケーガンさん(17)にはトランスジェンダーの友人が4人いて、自己の性別認識(心の性)に従って学校生活を送っている。「それが当然と思っていたが、政府が異なるメッセージを出した。トイレに違和感なく入れなければ学業を続けられなくなる。反対の声をあげないと手遅れになる」と語った。 ジュリア・シュレスさん(16)には、寛容を説く大統領(オバマ氏)が当たり前だったが、昨年の大統領選を機にイスラム教徒やヒスパニックら少数派への憎悪が公然と語られるようになったと感じている。「たった1回の選挙で社会の雰囲気がこんなに変わったことが怖い」 高校教師のローラ・キャンストレイシーさん(50)は、苦悩の末に命を絶つ若者もいるなか、トランプ政権の動向におびえている生徒が大勢いるのは間違いないと言う。「自身の性に目覚め始めた中高生に『あなたたちを守る』との姿勢を示すことが重要だ。歴史の後退は小さく始まる。トランプ政権が次に何をするのか心配でならない」と話した。

米政府、会見から主要メディア締め出し トランプ氏批判のCNNなど

2/25(土)

米首都ワシントンのホワイトハウスで、一部の記者のみを対象とした記者会見が別室で開かれる中、無人となった会見場の演壇

米国のドナルド・トランプDonald Trump)政権は24日、ホワイトハウス(White House)での定例記者会見から主要メディア数社を締め出した。これを受け、特定の報道機関をひいきする行為だとの批判が上がっている。

 定例会見は通常ならテレビ中継されるが、この日の会見はカメラを入れず行われた。政権に批判的な報道をしたCNNテレビやニューヨーク・タイムズNew York Times)紙などが除外された一方で、規模がずっと小さいワン・アメリカ・ニュース・ネットワーク(One America News Network)など、政権に好意的な報道をしてきた保守系メディアは出席を許可された。  ロイター通信(Reuters)やブルームバーグBloomberg)など、「プール(代表取材)」の一部としてホワイトハウスを定期的に取材するメディア数社は会見に出席した。一方で、AP通信(Associated Press)は抗議のため会見を欠席。プールの一部であるにもかかわらず出席を拒否されたAFPはこれに抗議し、許可を得ないまま出席した。 トランプ大統領は同日、メリーランド(Maryland)州で開催されている「保守政治行動会議(CPAC)」年次総会での演説で、メディアを「国民の敵」と批判していた。こうしたメディア批判は、同大統領の中核的な支持者の間で人気を得ている。  ショーン・スパイサー(Sean Spicer)大統領報道

官は会見で、今回の対応を擁護し、トランプ政権はメディアに対し「十分な」取材機会を提供していると述べた。  共和党民主党の政権が特定の記者を対象とした会見を開くことは珍しくないが、今回の会見は当初、資格あるメディアすべてが参加できる定例会見とされていた。

仏大統領選にオバマ氏を擁立? 100万人の署名目指す

02.25

大統領選を今年4〜5月に控えたフランスで、オバマ米大統領の擁立を目指す署名運動が行われている。「オバマ17」と称するこのキャンペーンの企画者は、オバマ氏に立候補を促す署名を100万人分集めたい考えだ。企画者の一人はCNNの取材に、「完全にクレージーだ。だが、いったんそれを通り過ぎると、擁立も可能かもしれないと思い始めるのがクールな点だ。フランス人ではないことなんてどうでもいい。彼はバラク・オバマだ」と述べた。

キャンペーンのウェブサイトも立ち上がり、先週末にはパリでオバマ氏のポスター500枚が貼られた。この企画者の男性は擁立の動きをジョークだと認めつつも、真剣な目的もあると言及。「人々がフランスの政治家に飽き飽きしていることを示したい。人々はうんざりしており、このジョークを面白がってくれている。相次ぐスキャンダルの中で少しだけ笑いを提供するものだ」と述べた。フランスの大統領選は4月23日に第1回投票が行われる。いずれの候補者も50%以上の票を獲得できない場合、上位2人が5月7日に行われる決選投票に進む。

世論調査の結果によれば、極右政党・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン党首が第1回投票で最多票を獲得するものの、その時点で勝利を確定させるのに必要な絶対過半数には届かないとの見通しが示されている。

この企画者はルペン氏を支持していない。「マリーヌ・ルペンがしていることにうんざりしている。だが、票を入れたい候補は見つからず、票を入れたくない候補が1人だけいるのが現状だ」「これをみんなで話したとき、オバマが暇なことに気づいた。彼をかついだらどうだ?と」

オバマ氏がジョークに付き合ってくれる可能性は少ないとしながらも、もし反応してくれたら大きなリアクションが起きると企画者は期待している。「フランス国民、特に若者は熱狂するだろう。きっとイエスの返事はないだろうけれど」

1枚ずつ色の濃淡が違う! 桜の花びらを模したリアルなマスキングテープ

02月25日

facebookでシェアする bandeのマスキングロールステッカー「桜の花びら」。その名の通り、桜の花びらを模して造られたマスキングテープなのですが、そのリアルな造形が人気を集めています。 花びらが連なった状態になっているこのステッカー、なんと本物の桜の花びらのように、花びら1枚1枚をはがして使うことができます。現在は人気で品切れ状態となっているようです。 このbandeのテープを販売しているのは、1906年(明治39年)と100年以上の歴史を持つ西川コミュニケーションズ。「“ハッピーなたくらみ”を」をテーマにさまざまな商品を開発するbandeに今後も注目です。

米国民、過半数が大統領よりメディアを信頼

2/24(金)

ドナルド・トランプ米大統領から「偽ニュース」との容赦ない攻撃を受け続けるメディアだが、実は国民からの信頼は大統領よりも厚いことが、新たな世論調査の結果から明らかになった。

米キニピアック大学が行った世論調査では、国民の過半数に当たる52%が、重要な諸問題に関して真実を伝えているという点で、トランプよりもニュースメディアを信頼していると回答した。

同大学世論調査機関のアシスタントディレクター、ティム・マロイは「トランプ政権から激しく悪者扱いされているメディアは、実はトランプ大統領よりも相当大きな人気を得ている」と指摘している。ただ予想通り、回答には政党別で大きな差が出た。民主党支持層では、86%が大統領よりもメディアを信頼していると回答。無党派層も50%がメディア側、38%がトランプ側に回った。 一方、共和党支持派では78%がメディアよりもトランプを信用すると回答した。これは、トランプによる主流メディア批判が、少なくとも中核的支持層には響いているということだろう。メディア側により大きな信頼を寄せていた共和党支持者はわずか13%だった。

また、大卒と高卒以下の白人の間でも大きな溝が浮き彫りになった。高卒以下の55%がメディアよりトランプを信用すると回答した一方、大卒になるとこの割合は37%に下がった。

今回の調査結果は概して、トランプの攻撃にもかかわらず国民がおおむねメディアを支持している現状を示すものとなった。トランプはつい先週、「偽ニュースのメディア」は「米国民の敵」と言い放っている。エマーソン大学が最近実施した世論調査では、国民の信頼度はメディアよりトランプの方が高いという逆の結果が出ているが、この調査は固定電話を持つ有権者のみを対象にするという、一般的に不正確とされる方法で実施されていた。トランプ時代におけるメディア業界は、多くの意味で繁栄している。ニュース放送局の視聴者数や新聞の購読者数は急増しており、CNNのジェフ・ザッカー社長は最近、同局はトランプの攻撃を受け続けているものの、ブランド面でも視聴者からの信頼の面で も「全くもって」悪影響はないと語っている。米社会はトランプが仕掛けた主流メディアとの戦争について二分されているものの、報道への信頼は今のところ揺らいでいないようだ。

前代未聞の大統領、ここまでメディアと衝突するとは

2/24(金)

米国のドナルド・トランプ大統領と主要メディアとの対立がますますエスカレートしてきた。

 トランプ大統領は特定の新聞やテレビ局を「フェイク(偽)ニュース」の発信源と名指し、「米国民の敵」とまで断じた。米国政治の歴史において大統領とメディアがこれほど全面的に対決し続けるのはきわめて珍しい。

■ 「メディアは事実をねじ曲げている」

 2月16日午後、トランプ大統領はホワイトハウスで記者会見を開いた。会見の主な目的は労働長官候補の発表だった。だが、トランプ大統領は政権発足後の約1カ月の実績についても語り始め、政権が円滑に機能しており、一部の世論調査では政権支持率が55%に達したことを強調した。一方でこうした実績を主要メディアは正しく報じていないと強く非難した。

 「ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルスなどのメディアは、国民のためではなく、特別な利益団体や破綻したシステムから利益を得ている人たちのために機能している。メディアはあまりにも不誠実なので、私がそのことを指摘しなければ米国民は大きな被害を受ける」  「メディアは旧態依然とした権力機構のなかにいて凝り固まった状態にある。私はそのシステムを変えて、米国民に真実を知らせたい。一部のメディアは素晴らしいが、ほとんどは事実をねじ曲げてばかりだ」

 トランプ大統領は、政権が短い期間に多くの新政策を実行して国民からの信託に応えているにもかかわらず、ほとんどのメディアは「トランプ政権の混乱や錯乱」ばかり報じていると指摘した。そして、そうした報道はすべて「偽ニュース」だと批判した。  質疑応答で記者から質問を受けたトランプ大統領は、「選挙期間中にトランプ陣営はロシアの諜報機関との交流があった」という報道を取り上げ、偽ニュースだと決めつけた。特にニューヨーク・タイムズに対しては、トランプ陣営とロシアの「癒着」を報じた同紙の記事はすべて偽ニュースだと繰り返した。 質疑応答の中でトランプ大統領はCNNの報道も極端に偏向していると非難し、「私についての報道は憎悪と怒りと敵意に満ちている。討論番組の出演者もひどい攻撃を浴びせてくるばかりだ」と述べた。さらには保守派とされるウォールストリート・ジャーナル紙の報道の一部についても不正確だと糾弾した。

■ 主要メディアを「アメリカ国民の敵」と攻撃

 この会見の翌日の2月17日、トランプ大統領は自分のツイッターで、保守派の間で人気の高いラジオの政治トークショー番組のホスト、ラッシュ・リムボウ氏が「これまでみた大統領記者会見の中で最も効果のある会見の1つ」と評したことを紹介し、「多くの人たちはこの評価に同意するが、偽メディアは異なる報道をするだろう。要するに不正直なんだ」と書いた。 また同じ日に、「破産しそうなニューヨーク・タイムズ、NBCニュース、ABC、CBS、CNNなどの偽ニュースメディアは私の敵ではない。アメリカ国民の敵なのだ」ともツイートした。 この「アメリカ国民の敵」という表現に対して、メディアの側は当然激しく反発した。もはや、批判や非難という域を超えた“弾圧”に近い表現だというわけだ。ここに至ってトランプ大統領と主要メディアはいよいよ全面対決の段階に突入したと言えるだろう。

 こうした衝突の背景には 米国の主要メディアの論調が長らく民主党側に傾き、共和党側が不満を抱いてきたという歴史がある。とはいえ共和党の大統領にしても、主要メディアに不満は述べながらトランプ大統領のように全面的に対決することはなかった。これまでの大統領のメディア対応の常識が、トランプ氏という型破りの人物によって破られようとしている。  なお、トランプ大統領は、77分にわたる16日の記者会見で約40の質問を受けた。外国メディアや地方の小規模メディアの記者たちにも質問の機会が与えられた。オバマ前大統領の記者会見は、長さが平均して約50分、質問は事前に指定した米国主要メディアの記者たちからだけ、質問数はいつも8問と決まっていた。記者たちとのオープンなやり取りをみても、オバマ時代とは似ても似つかぬ記者会見だった。

トランプタワー警備費用27億円、NY市が政府に返還求める

02月23日

- トランプ米大統領が所有するニューヨーク・マンハッタンの「トランプタワー」の警備に関連し、米大統領選投票日から大統領就任式までの間に、約2400万ドル(約27億円)の費用がかかったことがわかった。米ニューヨーク市警のジェームズ・オニール署長が22日、明らかにした。1日当たり30万8000ドルとなる。ニューヨークのデブラシオ市長の報道官は、「連邦政府に全額を返還するよう求めている」と、ロイターに語った。オニール署長は声明で、市警は今、大統領の家族の警護と市民の保護という2役を担っていると指摘。「トランプタワーは、米国に対してテロ攻撃を仕掛けようとする人々のターゲットになっている。私たちの限られたテロ対策能力を超えている」と語った。デブラシオ市長は12月、トランプタワーに当時住んでいたトランプ氏の警護に関連し、最大で3500万ドルの支払いを米政府に要求。最終的には2400万ドルとこれより低かったが、オニール氏によると、警察の警護に加え、同市の消防局も170万ドルを負担していたという。トランプタワーには、メラニア夫人と息子のバロン君が現在も居住している。