読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆☆☆

裕樹くん ありがとぉ☆☆☆

だーりん ふにゃ〜ヾ(´▽`*)ゝ

裕樹くん だいちゅき〜(^з^)-☆☆☆

裕樹くん ぶちゅちゅちゅぅ〜(*^)(*^-^*)ゞ☆☆☆

#福山市占い #高島易断  #もうだめかも「アノヒトとの恋い愛」

    *****

 #占い #高島易断・げんき館・福山市

   =福山市・東まち・3−2−12

   =FREE?ダイアル

    =<0120−263−546>

    =<0120−263−546>

    ******

  =「始めての「恋い〜」

  =「あのひと」との「恋い」〜

  =「止められないのはなぜ」〜

  =「乱れる「恋いごころ〜〜

    ******

デハ230形、ハマへ帰る、老朽化で廃棄寸前は、大変ですので、保存して下さい。

埼玉)「デハ230形」ハマへ帰る 老朽化で廃棄寸前:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/sp/articles/ASK5R5DNFK5RUTNB00G.html?ref=tetsudocomデハ230形、ハマへ帰る、老朽化で廃棄寸前は、大変ですので、保存して下さい。

生きている事がストレス

■30代女性の約4割が「ほぼ毎日ストレスを感じる」と回答 「家計」「職場の人間関係」が要因

(キャリコネ - 05月23日 18:52)

祖母が亡くなった時に父が仏壇を新調しようと仏具店に行き値切ってて

■「くまモン仏壇」初めて売れた グッズ第1号、7年目で

(朝日新聞デジタル - 05月23日 20:23)

おちゃ。

福井には、いい公園たくさんあるよー

喫茶店に行かなくても、自販機で飲み物買って、親友とまったりするの、楽しい

散漫する集中力

 一昨日くらいでしょうか、晩にNHK発達障害についての番組が放送されて興味があったのですよ、発達障害ってのはちょこちょこ聞くけど症状については知らない覚えてない…要するに言葉は知ってるけど意味は知らねぇ、って馬鹿丸出しの状態なので、学ばせて頂きますか、と思うもその放送時間は他の番組を録画していたので録画できず「じゃあ縁があったら」と思うていたら、たまたま放送時間にテレビの前にいれたので途中からだけど番組を見てみたのです。

 すると専門家を交えて何故そのような症状の人間が症状足りえる思考や行動に至るのか、というのを発達障害者目線で再現するVTRが流れだしたのですが、全てではないのだけど、注意力散漫になる再現が正にそれ「俺の事やないか!!」と綺麗になぞる再現VTRが流れ、その内容はこう、学校の授業中、先生の授業を聞かなくてはならないのだが、その注意力散漫とされる発達障害者は、授業に集中しなくてはならないと分かりつつも、「わあ(教室の壁に貼られた)ポスターが新しくなってる」「○○ちゃんの髪飾りかわいい」と気付けば他の方に意識が向き、結果的に授業から意識が逸れている、って内容だったのですが、これこそが正に自分に当てはまる点で、興味が薄い、もしくは意味を理解できない話を聞いていたり文章を読んでいるとどうしても注意力が他に逸れ、それでも注意力を元のあるべき場所に向けようとすると眠たくなってしまうのである。

 まさかまさかですよ、いくつかの再現VTRの内で一致したのはこの件だけでしたが、本来発達障害とは如何様なものなのか、その手の人たちとはどのように接したらよいのか、と考えるつもりで壁の外側から見るつもりでいたら、まさか自分が壁の内側の人間、当事者とは。だとすると考え方を一部変えなければならないことがある、それは歩きスマホの人間に対してなのだけど、例えば私の場合、街中を歩いていると情報があふれているわけですよ、服、鞄、靴含めた人、その見た目や行動や言動、そして広告看板、映像、それだけでなく建物、乗り物、空、雲、光、そして全ての色に音に何から何まで全て情報で、それらには何かしらの意味があり理由があり摂理があるのであり、例えるなら壁材、それが木目の場合大体において茶系なのであるが、それは木が茶色であることから発している流れなのだけど、昨今の木目の壁材は必ずしも現材料が木でないことも多く、必ずしも茶系にする必要もないのに何故それでも茶系に多くが集約されるのか、それは多くの人の木に対する印象が悪いものでないから色も定着していると考えるとして、じゃあ良い印象とは何か?温かさか、優しさ

か、強い自然のイメージか、もしくはそれ以外にも何かあるのか知らん…と木目の板材だけでもああだこうだと考えて楽しめるのであり、それが街中となると情報量は膨大、いくらでも楽しめる刺激があるわけなのだけど、これがある種の自分特有のもので、他人がこれらの情報を刺激として受け入れ楽しめないのだとしたら、巷に溢れる歩きスマホの理由も「それで退屈で刺激をスマホからの情報に求めるのだろうか」と考えると、歩きスマホの人間の行動原理の認識がこれまでとは違ってくるのである。

 これまでは先程のような考え方は以前から日記をシコシコ書き続けることにより発生するものだと考えていたのですが、これは少し違っていて、発達障害による注意力が他に逸れる症状によって他の物に興味が生まれたりすることにより、書く内容に事欠かなかったことによって続けられたのかも知れません。まあ注意力散漫というのは以前から認識はしていたので、集中力を要する仕事は向かない、だから車の運転もペーパードライバーに徹して行わない、という点には変わりがない上に、以前にも増して徹したいと思いますよ。